事務所概要
所長・スタッフ紹介

 税理士法人 新納会計事務所
  京都市中京区新町通二条下る頭町16番地1
  TEL 075-231-0335
  FAX 075-231-0473    

烏丸御池駅より徒歩5分

TOPICS
お客さまの声
よくある質問
お問い合わせ
SMC経営倶楽部セミナー
事務所通信
補助金・助成金・融資情報
税務Q&A
Q&A経営相談
税務カレンダー
経営改善サポート

赤字が続いている、資金繰りが苦しいなど、経営改善が必要なお客さまに対して、売上アップのための対策や資金繰り改善の方法など、様々な提案を積極的に行っています。

月次決算分析

月次試算表を作成します

決算分析

財務状態改善のための課題と対策

経営改善策をご提案

経営改善計画書の策定をご提案

1. 月次決算分析

月次決算を実行しなければ、儲かっているのか損しているのかタイムリーに把握できず、経営改善のタイミングを逸します。決算処理終了後、予想外の利益(損失)がでる場合もあり、節税対策や銀行借入への対応が困難になります。

当事務所では、原則、毎月翌月以内には月次試算表を作成。

毎月リアルタイムに月次決算書を見ることで「黒字だったのか?」「赤字だったのか?」「資金は幾ら残っているのか?」「前期と比較して業績はどうか?」等を把握し管理することにより、節税対策、赤字の原因と対策を検討します。


2. 決算分析

決算書をみると、会社の様々な経営実態がみえてきます。
当事務所では毎期、決算について内容を詳細に分析。
来期に向けての業績アップ、財務状態改善のための課題と対策について、お客さまと共有します。


3. 予算書作成

1年間の目標となる予算書を作成、予算実績差異分析管理を行い、目標達成に向けた経営改善策をご提案します。

予算書作成のポイント

予算書作成のポイント


4. 経営改善計画書作成

資金繰りが苦しいお客さまに対して、経営改善計画書の策定をご提案します。
金融機関にリスケジュール=融資条件の緩和(毎月の返済額を減額、元利金の返済猶予等)を求める際、経営改善計画書が必要となります。

経営改善計画書のポイント

経営改善計画書のポイント

経営改善計画書作成のメリット

 企業環境を分析することで問題点を把握し、対策を講じる事ができます。
 さらに資金繰りも改善され資金難に陥るリスクを軽減できます。
 会社全体で目標を共有化することにより従業員のモチベーション向上が図れます。
 結果、儲かるビジネスモデルへの転換が図れます。