事務所概要
所長・スタッフ紹介

 税理士法人 新納会計事務所
  京都市中京区新町通二条下る頭町16番地1
  TEL 075-231-0335
  FAX 075-231-0473    

烏丸御池駅より徒歩5分

TOPICS
お客さまの声
よくある質問
お問い合わせ
SMC経営倶楽部セミナー
事務所通信
補助金・助成金・融資情報
税務Q&A
Q&A経営相談
税務カレンダー
人事労務サポート

社会保険労務士事務所として、給与計算、社会保険手続、助成金申請はもちろんのこと、
人事労務にまつわる様々な問題についてをお客さまと一緒に解決します。

1. 給与計算

給与計算ソフト導入のご支援を行い、お客さまご自身で計算できるようサポート致します。
ご要望に応じて給与計算代行も行っております。


2. 社会保険手続

従業員の入退社による手続、育児や介護による休業、病気やけがの時の手続など、
社会保険、労働保険に関するすべての手続を代行しております。


3. 助成金

たくさんの助成金の中からお客さまが申請できるものをチェックし、申請代行を行っています。

4. 就業規則

労使トラブル防止のため、就業規則の作成は必須です。
お客さまの会社の状況に合わせて就業規則の見直し、作成を行っています。


従業員が安心して働ける会社へ

 会社の基本ル-ル、事業主の方針及び行動基準を示しておくと、従業員は安心して仕事に
 
取組むことができます。
 
事業所の活性化・効率化はもちろんのこと従業員がやる気をもって仕事に取組んでもらうため
 には必ずル-ルが必要です。
 
ル-ルを整備し、効率良く運用することにより従業員のモチベーションの向上に
 つながります。

労使トラブルを未然に防止しよう

 就業規則を作成して、社員によく説明をすることで、トラブルを未然に防止することが
 できます。

労働時間を調整して人件費を削減しよう

 人件費、特に残業代の支払に悩まされることが少なくありません。

 ・繁閑の差が大きい事業所なら1年単位や1か月単位の変形労働時間制

   ・社員が常時30人未満で小売業、旅館、料理店、飲食店なら1週間単位の非定型労働時間制

   各々導入することによって、1日の労働時間を10時間にすることが可能となります。
   変形労働時間制をうまく利用することによって、合法的に人件費の削減ができます。