現在のページ

  1. ホーム
  2. スタッフブログ
  3. ベースボールのB

スタッフブログ

ベースボールのB

はじめまして。
この度ご縁がありまして、今年の4月より新納会計事務所で働かせていただいております。
ゴールデンウィークも過ぎ社会人歴2か月半となりましたが、仕事を覚えることと寝坊しないことだけで精一杯の日々を過ごしております。

学生気分がなかなか抜けない新社会人にとって、社会人マナーは最初の壁であるとよく世間では言われております。
かくいう私も大苦戦をしておりまして、特に電話対応が最も苦手です。
丁寧に話そうとすればするほど緊張してしまい変な日本語になってしまうという悪循環...。
どうにか克服しようと、先輩方の電話対応を盗み聞きする毎日です。

また、プライベートで電話するときも相手の対応に注目してお話しするようになりました。
これが意外と面白いもので、声だけで印象というものは大きく左右されるのだなと人間観察気分で楽しんでいます。

そこで、心が和んだお気に入りの電話対応を1つ紹介したいと思います(笑)

先日DVD鑑賞好きの母のために、ポータブルDVDプレイヤーを母の日にプレゼントしようと地元の家電量販店巡りをしておりました。
3店舗周りましたが狙っていた商品がどこも在庫切れ。そこで、電話で在庫を確認する作戦に切り替えました。

その商品の型番が「BDP-****」というもので、電話口で伝えるには聞き取りづらいものでした。
どの店舗の方も聞き間違えのないように確認を取られるのですが、大体が「A、B、CのB」や「デー」といった風に互いに分かりやすいように表現されておられました。

しかし、某家電量販店の方は一味違いました。

ベースボール(Baseball)のB、
ピッチャー(Pitcher)のP、
ドラゴンズ(Dragons)のD

元気にハキハキと話されるので思わず吹いてしまいました。
この方は野球好きなんだ、ドラゴンズファンなのかな、阪神のスポンサーをしているのにいいのかな、など妄想が広がってしまいました。

結局在庫切れだったのですが、その方はその後も親切丁寧な対応をして下さいまして、今度はこの店で買い物をしようと思える電話対応でした。

ついつい固くなりがちの電話対応ですが、たまにはユーモアを交えてリラックスしてお話しすることも電話対応のコツだと感じました。


職員B


2012年5月14日


トップへ戻る