現在のページ

  1. ホーム
  2. スタッフブログ
  3. ミュージカル「スパイダーマン」

スタッフブログ

ミュージカル「スパイダーマン」

ミュージカル「スパイダーマン」

ちょっと長めのお休みをもらって、NYに行ってきました。実は私、大のミュージカルファンで、ブロードウェイに行って本場のミュージカルを観るのが長年の夢だったんです。

とはいえ、やはり「英語の壁は高い!」という事で、セリフが判らなくても大丈夫な、何度も日本でミュージカルや映画で観ている「オペラ座の怪人」と「シカゴ」の2本と、あとひとつ何か新作を観ることにしました。そして、それが「スパイダーマン」でした。

「スパイダーマン」はご存知の通り、アメコミが原作で、2002年からサム・ライミ監督による映画の3部作が大ヒットし、日本でもかなり認知されるようになった物語です。

実は、映画を見る前は「アメコミなんか・・・」とあまり興味はなかったのですが、サム・ライミ監督の映画を観て大ファンになり、「あれをミュージカルにすることが出来るのだろうか?」と半信半疑のまま劇場に向かいました。

このミュージカルは制作費50億円ともいわれ、日本人の石岡瑛子氏が衣装を担当した事でも話題になりましたが、ワイヤーアクションを多様するため、プレビュー期間では事故が多発し、本公演の開演が危ぶまれていたそうです。

しかし、私が青春時代(?)によく聞いたU2のボノとエッジによるナンバーもとても心地よく、そして何よりもスパイダーマンがNYの摩天楼を飛び回る姿をワイヤーアクションで完璧に表現していました。1階席の頭上をスパイダーマンが「これでもか!」というくらい飛び回り、手の平からくもの糸(実際は紙テープ?)を放つシーンでは子供たちが興奮して、落ちてきた糸(紙?)の奪い合いになるなど、とにかく盛り上がりました。

確かに「ミュージカル」というより「エンターテイメントショー」という感が拭えなかったですが、まさにNYだから観れたショーのような気がしました。

ちなみに、タイムズスクエアのTKTS(当日券の安売りブース)で買おうとしたら売り切れていたので、翌日、仕方なく劇場で定価の148ドルで買いました!「円高でよかった!」と思った一瞬でした(笑)!

( 職員 T )

<オフィシャルHP>
http://spidermanonbroadway.marvel.com/

2012年6月19日


トップへ戻る